一般社団法人国際建設技術協会
Infrastructure Development Institute-Japan
 協会の概要  プレスリリース  業務成果概要  技術情報  プロジェクト形成  プロジェクト支援調査  出版物・資料室  会員専用  リンク  世界の大規模インフラ
      国際建設技術協会プレスリリース

2016.8.31NEW
第36回「小沢海外功労賞」、4個人を選出

 当協会は、第36回「小沢海外功労賞」の受賞者として個人4名を選出した。
 「小沢海外功労賞」は、当協会初代会長 故 小沢久太郎氏の醵金をもとに、同氏の国際協力にかけた情熱を永く記念するために昭和55年に創設され、海外での国土開発または建設分野の国際協力に功労のあった個人・法人を表彰するものである。昨年度までに、個人148名、法人51社が表彰されている。




2017.8.29NEW
平成28年度海外コンサルティング業務等受注実績について

 国際建設技術協会(以下当協会)が調査実施している「海外コンサルティング業務等受注実績調査」の平成28年度の調査結果がこのほどまとまった。
本調査は、当協会をはじめ、一般社団法人海外運輸協力協会、一般社団法人海外農業開発コンサルタンツ協会、一般社団法人海外コンサルタンツ協会の会員である開発コンサルタント83社を 対象として実施したもの。調査の結果、平成28年度の受注総額は1,377.3億円で、前年度の受注から約340億円の増額となった。
 本調査結果の詳細は下記報告書を参照のこと。



  平成28年度海外コンサルティング業務等受注実績調査報告書 (PDF984KB)



2017.4.18NEW
「REAAA Mino Best Project Award 受賞」

 当協会は、REAAAがインドネシア公共事業・国民住宅省、インドネシア道路開発協会、IRF(国際道路連盟)との共催により、2017年3月22日から24日の間インドネシア・バリで開催された第15回REAAA道路会議において、Mino Best Project Awardを受賞した。  Mino Best Project Awardは、REAAAの第10代会長であったMr. Sadamu Mino(三野 定 氏)の醵金を基に2016年に創設された。この賞はアジア・オーストラレーシア地域で近年において実施された、道路または橋梁で傑出したプロジェクトであると認められたものに授与されることになっている。