プロジェクト支援の概要

国建協では、新規ODAプロジェクト及び官民連携型プロジェクト形成のための案件発掘・形成調査:『プロジェクト支援調査』を実施しています。

1. プロジェクト支援調査のイメージ

2. 調査概要

  1. 対象国:開発途上国(全地域)を基本
  2. 調査団構成:提案企業が中心 ※必要に応じてIDI職員同行
  3. 現地調査期間:1週間~2週間程度
  4. 現地調査実施時期:随時(提案企業の都合の良い時期)
  5. 調査経費分担:団員1名分の渡航費、宿泊代、現地調査費等の1/3 ※協会規定に基づく
    (国建協分担分)⇒実質的には15万円~20万円程度(アジア圏)の経費補助
  6. 採択件数:年間最大約10件
  7. 報告書作成:調査参加企業

3. 提案、申請手続き

  1. 提案:所定の書式(A4サイズ)2枚に必要事項を記入のうえ、プロジェクト対象位置図を添付して提出
  2. 審査、採択:提案受領後、担当部署により審査、採択/非採択を決定、通知
  3. 分担金申請:採択案件は、「プロジェクト支援調査金交付申請書」にて国建協分担金を申請
  4. 分担金支払:調査実施後、報告書の納品を受けた後に振込み

4. 国建協支援事項※採択案件について

  1. 調査実施支援:現地日本大使館、JICA(本部、在外事務所)への照会
  2. 案件形成への助言:調査方針計画、報告書作成についての助言、アドバイス
  3. JICA打合せ:JICA本部担当部への調査前後の打合せ協議アレンジ、協議参加等