一般社団法人国際建設技術協会
Infrastructure Development Institute-Japan
 協会の概要  プレスリリース  業務成果概要  技術情報  プロジェクト形成  プロジェクト支援調査  出版物・資料室  会員専用  リンク  世界の大規模インフラ
御挨拶と国建協の沿革国建協の活動国建協の組織定款及び業務・財務等資料海外との事業提携案内図国建協の活動(パンフレット版)
     海外との事業提携
1.ESCAPとの協定 2004年9月
 アジアハイウエイ計画への日本参加
 2003年11月18日にバンコクのUNESCAP(国連アジア太平洋経済社会理事会)本部で開催された加盟国運輸専門家会議で、日本のアジアハイウェイ・プロジェクトへの参加が承認され、さらに「アジアハイウェイ多国間政府協定」が採択された。  この後、2004年4月に上海で開催されたUNESCAP総会で、日本を含めたアジアハイウエイ加盟国合計32カ国が「アジアハイウェイ多国間政府協定」に署名。
 国建協は、ESCAPが推進する国際幹線道路網整備計画(アジアハイウェイプロジェクト)に対し、調査団派遣を通じた各国政府機関との各種調整や専門家会合への参加などを通じて長年に渡って貢献してきており、将来へ向け、一層の連携強化を目指して協定を交わした。
 ESCAPとの覚書を背景に、ESCAPのアジアハイウェイ専門家会合に出席して日本の取組等を紹介するとともに、2008年、2009年のPIARC委員会や2009年7月のIDIセミナーなどにアジアハイウェイ担当者を講師として招聘し、会員企業等に対して国際的な道路政策に係る情報提供、意見交換を実施。

2.中国土木工程学会との協定 1996年6月
 これまでの土木工程学会との交流関係を背景に、2006.3に日中大都市圏交通ハイレベルシンポジウムを中国土木工程学会、土木学会との共催により実施。
 2009年5月に中国で開催された中国土木工程学会主催の第4回全国地震防災(防震減災)工学学術シンポジウムにおいて、当協会会長荒牧英城が基調講演を行った。