一般社団法人国際建設技術協会
Infrastructure Development Institute-Japan
 協会の概要  プレスリリース  業務成果概要  技術情報  プロジェクト形成  プロジェクト支援調査  出版物・資料室  会員専用  リンク  世界の大規模インフラ
御挨拶と国建協の沿革国建協の活動国建協の組織定款及び業務・財政等資料海外との事業提携案内図国建協の活動(パンフレット版)
     御挨拶と国際建設技術協会の沿革

御挨拶

国際建設技術協会(国建協)は、海外における国土開発に対し協力することを目的として、昭和31年に設立されました。国建協の会員は、個人会員(インフラ・建設分野の国際協力に関心を持つ個人)、法人正会員(建設コンサルティング、測量・地質調査の事業を専ら営む法人)ならびに賛助会員で構成されています。

国建協では、建設技術に関する調査・研究ならびに海外の公共事業関連調査等を行うことにより、コンサルティング・エンジニアの海外活動の発展と国際協力の推進および国際化支援や国際交流などの国際相互理解の促進を図ることを目指して協会活動を展開しています。これら業務を行うため、本部事務所(東京)には事務局のほかに国際建設技術研究所を併設しています。

近年の世界情勢は、災害、環境問題、エネルギー問題、貧困、地域紛争等、以前にも増して不安定さを増しています。このような状況の中で、日本の技術と人材を活用し、国際社会の平和と安定、経済・社会の発展に寄与することは、日本が国際社会の主要な国家として責任を果たすとともに、日本の国益を確保するためにも非常に重要となっています。国建協は、海外の社会資本整備への協力を通じてこれらの課題に取り組み、世界の持続可能な発展に少しでも貢献していきたいと考えております。会員各位をはじめ、多くの関係者のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

一般社団法人国際建設技術協会
理事長 橋 場 克 司



国際建設技術協会の沿革

昭和31年 9月国際建設技術協会創立総会
12月建設大臣設立許可
昭和37年海外技術協力事業団設立まで外務省による技術協力業務を実施
昭和48年 7月建設省・運輸省の共管となる
昭和53年 7月付属組織として国際建設技術研究所を設置
平成 7年10月欧州事務所(IDI-Europe)をパリ(フランス)に開設
平成15年 3月北京事務所(中国)を開設
平成20年6月欧州事務所・北京事務所を閉所
平成24年4月一般社団法人へ移行